愛猫の死、ペットロスと向き合って

愛猫を亡くしてからのペットロスと1年間向き合ってきました。まだ喪失感は癒えていませんが、悲しみを押し殺さない、楽しかった思い出や後悔を素直に口に出す、仕事や違う世界での時間を大切にするなど、私なりに心掛けてきたことをまとめてみました。

猫の慢性腎不全、自宅でできる治療

慢性腎不全の治療は費用がかさみ、また入院、通院には猫にとって大きなストレスがかかります。お医者様と相談しながら自宅で皮下輸液(点滴)を行う方法をマスターし、費用を押さえて闘病中の猫が少しでも穏やかに過ごせるようにしてください。 皮下輸液のやり方や療養食を食べやすくする方法をまとめました。

猫の慢性腎不全、今できる治療と新しい希望と

慢性腎不全は猫に多い病気です。一度機能を失った腎臓は元に戻すことができません。しかし、新しい検査法が広がり今まで見つけられなかった初期段階で診断ができるようになったり、新しい薬が使えるようになったりし始めています。病状に合わせた治療法や希望のもてるニュースなどをまとめてみました。

「アートアクアリウム展 2018」の幽玄と哀しさと

「アートアクアリウム展2018」を鑑賞しました。照明や音響の発想の豊かさと金魚が織りなす美しさは、しばし幽玄の世界へと誘ってくれます。日本的な美を意識し、プロダクトされているのが印象的でした。アートとしての側面だけでなく、生き物である金魚への配慮も忘れないでほしいと願うばかりです。

「ナツヨム」って何?本の関係者が選ぶ文庫本フェアの魅力を探ってみました

新聞に掲載された「ナツヨム」の記事に惹かれ、書店に足を運びました。大手出版社が選ぶ文庫本100冊とは一線を画し、書店、取次店、印刷関係など本を巡る様々な職業の幅広い年代50人が自分の目線で1冊の文庫本を選んで売上ランキングを競うフェア。選者手書きのコメントを帯に載せたり個性的な本に出合えたりするところも魅力です。

えっ?「半分、青い」のイケメン決定打がくりぃむの有田さん!?

朝ドラ「半分、青い」は鈴愛の結婚に早くも波乱を感じさせる展開となっていますが、後半の新キャストが発表されて、また驚かされました。くりぃむしちゆーの有田哲平さんがキーマンとして登場し、「一大発明」をする鈴愛に深く関わってくるとのこと。ピンボールのように、変転するドラマを今後も楽しみつつ応援したいと思います。

猛暑の中のパワースポット巡りin 鎌倉

鎌倉の奥に佇むパワースポット「銭洗い弁天」と「佐助稲荷」を訪れました。人でごった返す有名なお寺、ショッピングや食べ歩きで賑わう小町通とはまた違う風情を味わうことができる場所です。金運や出世・開運にご利益もあるとか!坂道を30分ほど歩くルートですが、幻想的な洞窟の霊泉や赤い鳥居群も一見の価値があると思います。ぜひ一度足を運んでみてください。

温かい空気に包まれた「かこさとしさんを偲ぶ会」

7月16日、5月に逝去されたかこさとしさんを偲ぶ会が、ゆかりの地川崎で行われました。集まった方々から語られるかこさんとの思い出は、温かくどこかユーモアも感じられるものでした。もう出会うことのない未来の子どもたちにも思いを馳せていたかこさんの熱い気持ちをあらためて受けとることができた一日です。

「この世界の片隅に」初回はいい意味で裏切られました

「この世界の片隅に」の第1話が15日に放送されました。映画にはない現代パートからの始まりに驚き、戦争を感じさせるシーンがほとんど描かれないことに驚きましたが、すずさんそのものの姿や丹念な描き方に感銘を受けました。今後の展開を楽しみつつ、市井の人々が巻き込まれた戦争の悲しさを受け止めたいと思います。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer