「オフィスに青空!」三菱電機が青空や夕焼けを再現する照明技術を開発したらしい

青空や夕焼けを再現できる照明技術が開発されたとのニュースが届きました。実用化されれば、無機質なオフィスや病院が優しい光の届く空間に変わります。「青空が見えるテラスで仕事がしたい。」という若手社員の願望から生まれた「青空パネル」を紹介します。

ラグビーW杯まで1年、会場都市やキャンプ地では開催イベントが始まっています

ラグビーのワールドカップ日本大会まで1年を切りました。アジアでは初の開催となり、キャンプ地や会場都市では記念イベントが始まっています。8強入りを目指す日本代表の活躍とともに、一流のプレイヤーの集う世界的な大会の盛り上がりを期待したいと思います。

コメダ珈琲店の秋限定は「大人ノワール」。お洒落じゃないのにコメダが愛される理由も考えてみた。

名古屋発の喫茶店「コメダ珈琲店」が秋限定の「大人ノワール」を提供するそうです。コーヒーの苦みとコクを生かした大人味。サクサクのフレークをトッピングして食感も楽しめるとか。ぜひ味わってみたいと思います。ついでに?なぜお洒落じゃないコメダが愛され全国区になっていったのか、地元目線で考えてみたいと思います。

未知の国、キルギスからのプレゼント

「キルギスのお土産よ。」と、草木染の羊毛と真っ白な蜂蜜をいただきました。中央アジアの小さな国、キルギス。自然豊かで「中央アジアのスイス」と呼ばれているそうです。イシク・クル湖をはじめとする景勝地や国に生まれた一村一品運動について紹介します。

初めて聞く「秋バテ」は意外に厄介らしい

「秋バテ」という言葉を初めて知りました。過ごしやすい季節になって現れる体調不良。放っておくと寒さが増すころに病気の引き金になったり、「冷え」に悩まされたりするそうです。主な症状、原因、対策をまとめてみました。

今年の「イグ・ノーベル賞」、ユニークな内視鏡検査法で日本人医師が受賞!

ノーベル賞のパロディとしてユニークな研究に対して贈られる「イグ・ノーベル賞」。今年の「医学教育賞」に日本人医師の堀内朗さんが選ばれました。授賞式では座ったまま自分で内視鏡検査ができる方法を発表し、会場が笑いに包まれる一幕も。堀内さんは「これを機会に検診を受ける人が増えて大腸がんで亡くなる人が減ってほしい。」とあくまで誠実です。

「半分、青い」そよ風の扇風機発明のストーリーはバルミューダ社のグリーンファン開発に重なる

「半分、青い」の放送もあと1か月。いよいよ鈴愛と律が「おふたりさまメーカー」となって「一大発明」を成し遂げるまでが描かれるようです。二人が作ろうとしている「そよ風の扇風機」にはモデルがありました。バルミューダ社の「グリーンファン」開発までの道のりをドラマになぞらえてみたいと思います。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer