秋のしつらいを愉しんで

10月に入り、空も風も空気にも秋を感じるようになりました。

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、行楽の秋、そして読書の秋・・・。

秋は心地よく、楽しみの多い季節です。

暑い夏が過ぎ、寒さに震える冬までの束の間

この素敵な時間を、暮らしの中でも楽しみたいと思います。

秋のしつらい

今年の夏は、あまりの暑さに青色吐息。

その後の災害続きもあって、「季節を愛でる」気持ちから遠ざかっていました。

空が高くなったような青空と、柔らかな秋の風

ブラウス一枚でちょうどよい気温

せっかくのいい季節を楽しまなくては、と思い立ち

ささやかな「秋」を購入してきました。

花屋には、たくさんの秋の花々が美しさを競っています。

桔梗や萩、けいとうにバラの実・・・。

今回は色で秋を愉しもうと

朱赤や深紅、濃い緑といったこっくり深い色合いの花や葉を選んで

玄関と和室にしつらえました。

夏の間、花をきらして殺風景だった空間が、華やぎます。

自室の隅にはハロウィンのコーナーをつくり、いただいたミニカボチャを添えてみました。

何かに追われるように日々を過ごしがちですが

ちょっと立ち止まって季節を感じる。

四季のある国に暮らす幸運を感謝しながら、季節を取り入れる暮らしを忘れない心でいたいと思います。

そして、秋のお楽しみ

岐阜は栗の特産地。

この季節になると、菓子屋には栗のお菓子がずらりと並びます。

和菓子屋には栗きんとんをはじめ、栗どら焼き、栗むしようかん、栗きんつば

洋菓店にはモンブランに栗のロールケーキ、マロンタルトにマロンプリン・・・。

迷うのも、また楽しいのですが

今回は栗きんとんと栗きんつばを選びました。

夕食後のひととき

久しぶりにゆっくりお茶を淹れて、いただきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer