大坂なおみ選手、全米オープン優勝!表彰式のブーイングに涙

大坂なおみ選手が全米オープンで初優勝を遂げました。
日本人初のグランドスラム制覇。
しかも自身がテニスを始めるきっかけになった憧れのセリーナ・ウィリアムズに勝利しての優勝です。
表彰式でまさかのブーイング

大坂なおみ選手の優勝を祝福すべき表彰式の冒頭で会場からブーイングが巻き起こってしまいました。

帽子で顔を隠し涙する大坂選手。

このブーイングはセリーナが不利な判定を受け、流れを失ったことに対するものと思われます。

セリーナは、試合中に観客席にいるコーチからアドバイスを受けたとして警告を受け、大阪選手にサービスゲームを奪われる場面がありました。

苛立ちから自分のラケットを破壊したり、試合のリズムも悪くなっていきます。

その後、何度も審判に抗議をしてペナルティを受け、1ゲームを失う結果になったのです。

試合は何度も中断され、会場も異様な雰囲気に包まれました。
しかし、あの中で冷静さを保ち、自分の力を発揮した大阪選手の優位は
揺るぎようがないと思います。

もしペナルティがなくても、今回は大阪選手の勝利だったと多くの方が確信しているのではないでしょうか。

表彰式後のインタビューで

「セリーナと決勝を闘うことが夢だと語っていましたが、夢がかなっていかがでしたか。」

と問われた大阪選手は

「質問とは違うことを答えます。みんなセリーナを応援していたのにこんな終わり方でごめんなさい。でも、試合を観てくれてありがとう。」

こんな素敵なコメントは初めて聞きました。

そして、セリーナ選手のスピーチでも

「言いたくはないけれど、彼女はいいプレーをしました。もうブーイングはやめましょう。おめでとうなおみ!皆さんありがとう。私はまたここでプレーできるように続けたいと思います。」

プレーでは熱くなってしまったセリーナ選手でしたが、大阪選手を気遣い観客にくぎを刺す、さすがの対応でした。

最期には会場が歓声に変わり、祝福される優勝者となった大阪選手。

アメリカの大手メディアも、大坂なおみ選手の全米オープンテニスの優勝を速報で伝えていました。

個人のアスリートがスポーツ界を超えてこれほど注目されることも珍しいそうです。

あの雰囲気の中で力を発揮し、最後まで冷静さと優しさを失わなかった大坂選手の快挙は、アメリカ国内でも称えられています。

素敵な日曜の朝をありがとう。

そして、これからもひたむきに

チャーミングに

私たちを楽しませ勇気づけてくれるプレーを見せてください。

WOWOW_新規申込

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer