8月25日、岐阜の長良川で夏の終わりの花火大会が開かれます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

8月25日(土)、岐阜市の長良川畔で「第62回 全国選抜長良川中日花火大会」が開かれます。

昼の12::00から、音と煙による花火が打ちあがり

夜の部19:20からは、清流長良川を舞台に国内屈指の花火師たちが伝統の花火から最新作まで、質・量ともにトップクラスの花火を披露します。

日本煙火芸術協会の特別作品集や「スターマイン」の数々、長良川の幅いっぱいに光の滝となる30メートル近い「ナイアガラ」など盛りだくさんの花火が予定されているようで、夏の終わりの素敵なイベントとなりそうです。

創作スターマインコンクールと呼ばれる催しも行われ、会場で作品を審査してネットで投票する参加型の企画も楽しめます。

2018年の日時・開催時間・場所

例年は7月の最終土曜日に開催される「全国選抜長良川花火大会」ですが、今年は天候のため延期となりました。

日  時 :8月25日(土)

開催時間 :昼の部 12:00~  音と煙の花火

      夜の部 19:20~20:45

打ち上げ場所:長良川に架かる長良橋と金華橋間の南川畔

アクセス方法

【公共交通機関】

●岐阜駅から臨時バス☞長良橋下車 徒歩10分ほど

(JR岐阜駅、名鉄岐阜駅どちらにもバスが停車)

【徒歩】

●両駅からぶらぶら徒歩で40分ほど

【車】

●東海北陸道岐阜各務原ICから国道21号経由で12㎞

駐車場は、長良川北岸一日臨時駐車場と岐阜県庁北側駐車場合わせて2000台分が用意されますが(無料で!)かなり早い段階で満車になってしまいます。

また、会場周辺は通行止めなどの規制が多く、とても混雑してしまうので注意してください。

観覧場所、穴場スポット

メインの観覧場所は長良橋近くの北岸ですが、朝から場所取りをする人も多く混雑必至。

そこで、地元民がお勧めする穴場スポットを紹介します。

1 岐阜メモリアルセンター 

●岐阜メモリアルセンターには、広い芝生公園があり地元民にも人気の場所。
花火も十分きれいに観られます。最近は評判が広がって混雑もします。少し早めに行くことをおすすめします。

2 長良川球場内野スタンド

●内野スタンドは座って観覧できること、トイレが他の場所より確保しやすいことで子どもさんやお年寄りにもおすすめです。

3 金華山山頂・岐阜城

●金華山ロープウェイで山頂から観覧もかなりのおすすめ。夜間10時まで運航しています。

18時を過ぎるとロープウェイが夜間割引になりますが、混んでくるので、少し早く登って、リス村や岐阜城、資料館などを見学するといいと思います。

4 長良川鵜飼ミュージアム周辺

●打ち上げ会場からほど近く、川べりにあるので視界も開けています。駐車場やトイレも完備されているので楽に鑑賞できます。河川敷に降りることもできます。

5 鵜匠の家・すぎ山ほか川沿いのホテル

●長良川沿いにある旅館「すぎ山」に宿泊すると、屋上で懐石弁当を食べながら観覧できます。

その他にも川沿いにはホテルが点在しているので、もし泊りがけでいらっしゃる場合は狙ってみるのもいいと思います。今年は日時が変わったので、まだ空室があるかもしれません。

6 鵜飼大橋 南側付近

●打ち上げ会場からやや遠い分、迫力はうすれますが比較的ゆったりと観覧できます。

7 忠節橋

●打ち上げ会場から距離はありますが、見晴らしがよく花火もよく見えます。

人も少なくおすすめです。

あれほど暑かった夏もそろそろ終盤。

夏の終わりに、花火というのも風情があっていいかもしれません。

花火大会 | ポケカル

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer