猛暑の夏、猫の熱中症にも気を付けて!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「猫は寒がり」というイメージが強く、暑さに対して特別な配慮や対策をとらないできた飼い主さんも多いと思います。

しかし、このところの猛暑と室内飼いする猫の急増で、猫の熱中症が増えているそうです。

猫の熱中症状や起こしやすい猫種、熱中症になりやすい状況、予防法、熱中症になってしまったときの対応について、動物病院監修の記事や情報からまとめてみました。

猫の熱中症

熱中症とは、暑さによって体温の調節ができなくなる機能障害です。

猫の体温は気温や湿度の上昇によって上がりますが、通常であれば体の調節機能が働き、体温を一定に保ちます。

ところが、気温や室温が体温より高く、湿度も高くて熱も発散できないと熱中症を引き起こし、症状が重ければ脳や内臓にダメージを受け、死に至るケースも出てしまいます。

ご存知のように、猫の汗腺は肉球回りにあるだけで、汗で体温を下げることができません。

熱中症は、風がなく熱気のこもった室内で起こることが多く、猛暑の中の室内猫には注意が必要です。

熱中症の症状

【初期段階】

熱中症になると、まず元気がなく平常時に比べて呼吸が早くなるといった症状がでます。

症状が進んでくると、口を開け舌を出して激しい呼吸になってきます。

●呼吸に注意!

●口を開けた呼吸や舌を出していたら熱中症を疑って!

【中期】

目や口の中の粘膜が充血して赤くなったり、よだれを出して激しい呼吸をしたりします。

体に触れると普段より熱いと感じられます。(猫の平熱は38度前後40度を超えると要注意です)

●目や口の中の色、よだれに注意!

●触れて熱いと感じたら熱中症を疑って!

【重篤な段階】

ふらついて歩けなくなったり、嘔吐、下痢の症状が出たりします。

けいれんが起こり、意識がもうろうとして声をかけても反応しなくなります。

さらに症状が進むと、血圧が下がりチアノーゼを起こして舌や口の中の粘膜が紫色に変わります。このまま体温が下がらなければ脳や内臓が損傷して命が危険です。

●ふらつきや意識障害がでたら危険な状態。

●チアノーゼの症状が見られたら一刻を争います。

熱中症を起こしやすい猫種

●ペルシャ、エキゾティックショートヘア、スコティッシュフォールド

など、鼻が低めの猫種

●脂肪を蓄えやすく放熱効率の低いアメリカンショートヘアや被毛の暑

いノルウェージャン・フォレスト・キャット、ラグドール、サイベリ

アンなど長毛の猫種

●猫種に関係なく、仔猫、老猫、病気やケガで療養中の猫、心臓や呼吸

器に疾患のある猫、肥満の猫は熱中症のリスクが高いです。

熱中症になりやすい日

これは、人間も猫も変わりませんが、以下の日は注意してください。

●前日との気温差が大きい日

●湿度が高く蒸し暑い日

●室温と外気温の差が大きい日

猫の熱中症で多いケースは

●留守中の室温が高温となり、体を冷やす手立てがなかった。

●ケージ内で飲み水がなかったり、トイレが汚れていて長時間尿意を我

慢していた。

●ガレージや倉庫、物置などに入り込んだのを気が付かず閉じ込めてし

まった。

●冬毛のアンダーコートが残っていて熱を発散できなかった。

このような例が報告されているそうです。

熱中症を防ぐには

長毛の猫は、日ごろからブラッシングでアンダーコートを取り除き、通気をよくしておくと予防に繋がります。

一番多いのが留守中の事例です。

●猫を室内に残して外出する場合は、必ず涼がとれる場所や環境を確保

してあげてください。

●猫をケージに入れておく場合は、予備の水を用意し、保冷剤やアルミ

プレートなど涼感グッズを活用しましょう。

●外出前に、猫が入り込みそうな場所はチェックして閉じ込めないよう

に確認してください。

猫と一緒に外出する際はキャリーやカートの通気をよくし、中に布

に包んだ保冷剤やジェルマットをひいてあげるのがいい熱中症対策と

なります。

車に乗せる場合も、直射日光が当たらないようにしたり、エアコンの

冷気が適度に循環するようにしましょう。車から離れる場合、車内に

猫を残すのはもってのほかです。

熱中症になってしまった時の対応

初期段階で、すぐに体温が戻った場合を除き、応急処置後には動物病院での受診・治療をおススメしますが、まず自宅でできる応急措置は以下のようになります。

保冷剤や氷で頭部、頸動脈、脇、脚の付け根を冷やす。

●全身をぬれタオルで拭く。

●呼吸がしやすいように、首の向きを正す。

●水が飲めるようなら飲ませ、飲めない状態ならむせないようにコット

 ンなどに含ませた水で舌を湿らす。

●猫はほとんどの場合水を全身に浴びることを嫌がります。犬ならば

 緊急時には水を浴びせて体温を下げる方法も取りますが、猫を同様に

 扱うとショック症状を起こすこともあるので、気を付けてください。

自宅での応急措置の間に動物病院に連絡を入れ、搬送方法などは獣医師

の指示に従ってください。

ペットの熱中症は、不測の事態というより飼い主の配慮で防ぐことのできるものがほとんどです。うちの猫は大丈夫と過信せず、大切に守ってあげてください。



 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer