2020年東京オリンピック、パラリンピックの式典に期待!

式典は四部作に

2020年の東京オリンピック、パラリンピック大会の開会式、閉会式の総合統括に、舞台や映画でも広く活躍する狂言師の野村萬斎さんが就任しました。

オリンピックは映画「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」で知られる山崎貴さん、パラリンピックはソフトバンクのCMやリオデジャネイロオリンピックの閉会式で東京への引き継ぎセレモニーを手掛けた佐々木宏さんが決まり、個性と才能溢れる三頭体制となります。

野村さんは4つの式典に統一性をもたせ「四部作」として描き出すことを目指していくまず核になるコンセプトを示し、

「シンプルだが深層的な和の精神を伝え、ウケて笑えて、気持ちよく、でもお国自慢に終わらないものを。」と意気込みを語っています。

ぜひ、起承転結の流れが感じられ、オリンピックの盛り上がりをパラリンピックの閉会式まで繋いでくれる式典を創りあげてほしいと期待します。

鎮魂と再生、そして平和

東京オリンピック誘致の際に叫ばれていた「復興五輪」のコンセプト。

喉もと過ぎれば、の感もありましたが、お三方から「最初に触れたのはまず、復興五輪」の言葉を聞いて嬉しく思いました。

野村萬斎さんは、「能や狂言という立場から鎮魂と再生は重要な部分」とも語られており、式典の中でどのように発信されるのかも見所のひとつになると感じます。

山崎さんは五輪の原点である「平和」へのメッセージにも言及され、長崎の原爆投下と五輪閉会式が同じ日に重なったことを「せっかくのタイミング、関連づけられたらよい。」と語っています。

華やかで商業的な意味合いも強いオリンピック、パラリンピックですが、生まれた経緯は戦争へのアンチテーゼ。

世界中で絶えない戦争や災害から目を背けず、思いを巡らせることで生きる喜びや祝祭の楽しさを感じとる。生きるパワーを燃やしながら競い合うスポーツの式典でこそ伝えたいメッセージです。

アイディアと才能の昇華

伝統芸能に身を置きながら、演劇や映画、ドラマ、バラエティーでも活躍し、古典から現代までの幅広い見識をもつ野村萬斎さん。

人の機敏を丹念に描き、昭和の世界観を作品にしてきた山崎貴さん。

発想の面白さや最先端の技術を15秒、30秒の世界に巧みに生かす佐々木宏さん。

お三方の才能と発想が融合し昇華した式典が、2年後の新国立競技場を彩ることを期待したいと思います。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer