猫の慢性腎不全、今できる治療と新しい希望と

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

猫は、慢性腎不全を起こしやすい動物です。

尿を濃縮して排出するという体の仕組みや腎臓組織の修復を図るAIMタンパク質が機能しにくい性質であるのこと、さらに腎臓内で老廃物のろ過を担うネフロンの数が他の動物に比べて少ないことなど、もともと腎臓に負担がかかりやすく、年齢を重ねれば避けては通りにくい病なのかもしれません。

特にこれといった予防法はなく、過食や塩分の摂りすぎに気を付けていても、かかってしまうこともあるそうです。

腎機能の75パーセントが失われると「慢性腎不全」と診断されますが、この時点でまだ症状がでない子もあり、分かった時には随分進んでしまっていた、手遅れだったということも残念ながら多いのが実情です。

お医者様から告げられる内容は概して厳しく、飼い主は途方に暮れますが、様々な研究が進み新しい検査法が広がりつつあったり、新薬も承認されたりと希望の持てるニュースも入ってくるようになりました。

今日は、新しい検査法、「慢性腎不全」と診断されたときのステージごとの主な症状や治療法についてまとめてみます。

「慢性腎不全」の新しい検査法

一度失った腎機能は、現在の医療では治療をしても元には戻りません。

つらい症状を和らげたり、病気の進行を遅くするあるいは食い止めるという対処療法が中心になります。

まずは定期健診などを活用して、早期発見 → 早期治療に繋げ、愛猫との穏やかな日々を長く過ごせるようにすることが大切だと思います。

従来は、血液性化学検査でBUN(尿素窒素)とクレアチニンの値を検査し、基準値よりも上昇していることで腎機能の低下が分かりました。

SDMA・・・2016年から日本で測定できるようになった新しい猫の腎機能マーカー

クレアチニンの値は、腎機能が75パーセントほど失われて初めて上昇しますが、SDMAは25パーセント~40パーセント失われると上昇することが分かっています。

従来の検査よりも早期に慢性腎不全を診断できる画期的な検査として注目され、取り入れ始めています。

慢性腎不全のステージとは?その症状や治療法は?

猫の慢性腎不全は、現段階では主にクレアチニンの値によって4つのステージに分かれ、症状や、すすめられる治療法が変わってきます。

●ステージ1(初期)クレアチニン値1.6mg/dl未満」dl範囲、尿の比重がやや低下

多尿多飲の症状が出始め、薄い尿になっていますが、元気でなかなか気づきにくいです。

エコー検査をすると、腎臓の形が少しいびつになっていることが多いそうです。

★「経過観察」と言われることもありますが、この段階から腎臓病用の療養食に切り替えた方がいいと思います。

●ステージ2(中期)クレアチニン値1.6~2.8mg/ dl 、尿の比重が低下

多尿多飲以外の症状はほとんどなく、あっても少し活動が減ったり食欲が落ちたりする程度で、年齢によるものと思いがちです。

「腎臓病用の療養食」にして塩分やたんぱく質量を減らす。

高血圧や蛋白尿などの症状もある場合は症状を緩和する投薬が開始されます。

ラプロスの投与・・・2017年から「ラプロス」という新薬が使えるようになり、中期の段階では進行を食い止める効果が多く報告されています。

ステージ3(中期)クレアチニン値2.9~5.0mg/dl 貧血やBUN(尿素窒素)の高値

多尿多飲以外にも、嘔吐や食欲不振、体重減少などの症状が現れ始めます。

ステージ2の治療に加え、入院での静脈点滴や通院または自宅での皮下輸液が行われ、必要に応じて、貧血の治療や制吐剤を使うこともあります。

ラプロスはこの段階でも有効性が認められています。

ステージ4(末期)クレアチニン値5.0以上 貧血、BUNの高値

「尿毒症」という状態になり、食欲不振、嘔吐、むくみ、意識の低下、けいれんなどのつらい症状が出てくることが多いです。最期には尿を作ることができなくなることもあります。

ステージ3の治療に加え、食べなくなってしまうと人がシリンジなどで流動食を強制給餌したり、病院によっては透析や腎移植が検討されます。

★「皮下輸液」は数回手ほどきを受ければ、自宅で飼い主が行うことが可能です。通院自体がストレスになったり、治療費が高額になったりする場合はお医者様と連携しながら取り入れるといいのではないかと思います。

残念ですが透析はできる病院が少なく、費用も高額で実際にはなかなか困難です。

★腎移植は日本ではドナー等の問題も絡んで現実的には難しいのが現状です。

一度失われた腎臓の機能は回復しません。だったら治療はやめて自然のままにという考えもあると思います。

でも、ステージに応じた治療をすると進行を遅らせるだけでなく、症状を和らげ体を楽にしてもらえる効果があり、闘病中でも愛猫との触れ合いや、穏やかな時間が築けると感じています。

なるべく自宅でゆったりした心地の良い空間をつくり、静かに眠れる場所ときれいなトイレ、新鮮な水を用意して、話しかけたりブラッシングしたりする時間をいつくしんで過ごす。

たくさんの幸せと笑顔をくれたことに感謝しながらそんな時を一緒に過ごしたことが、愛猫を失った今の私を支えてくれています。

次回は、皮下輸液(点滴)の方法や療養食、療養食を食べやすくする工夫などをまとめてみたいと思っています。



Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer