猫の癒し~いい匂い~

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

大の猫好き、PUNAです。

自己紹介のページをつくりましたので、よろしければ右上のボタンをポチっとしてご覧ください。

猫たちは、日々たくさんの笑顔と癒しを与えてくれますが中でも「幸せ!」と感じるのがお腹に顔を埋めて、す~っ、はぁ~っと深呼吸しながらその温かさと匂いに包まれるひとときです。

レオンハルトはもともとお風呂が大の苦手。高齢だったこともあり、2~3ヶ月に1度しか体を洗いませんでした。

でも、臭くない!

できたてのポップコーンのような芳しい匂いがしました。

日向の匂い、ミルクの匂い、干し草の匂いなどなど、猫によって違いはあるけれど、猫は臭くない。

もちろん、排泄物はそれなりに臭います。特にオシッコは、体のメカニズムもあって濃度が高く、相当臭い❗

目がシバシバするくらい強烈です。

でも、体は臭くないんです。

【 何故? 】

もともと猫は狩猟動物。待ち伏せ型の狩りをします。

そのため、体臭で居場所がバレてしまっては狩りを成功させることができません。

その結果、進化の過程で体臭が少なくなったのだと言われています。

【 綺麗好き 】

暇さえあれば毛繕いをしている猫

もともと体臭が少ないうえにこまめにお手入れをするので、獸臭さがほとんどないのも納得です。

逆に、毛繕いをしなくなって臭うようになったり、「毛並みがボサボサしている。」と感じたら、体調が悪いのかもしれません。早めに病院で診てもらうことをおススメします。

【 日向ぼっこが大好き 】

猫はよく日向ぼっこをします。

家の中では太陽の動きに合わせてお昼寝の場所を変えたり、外猫は日向を求めて移動することをいといません。

皮膚や毛をいわば天日干しにして乾燥と殺菌の効果を得ていると言われています。

「干したての布団のよう」と例えられるのもうなづけます。

【 あらためて嗅いでみた】

レオンハルトが亡くなってから、時々癒しを求めて保護猫カフェに出向きます。

そこで、あらためて猫たちのおでこやお腹、肉球の匂いを嗅いでみました。

肉球は、何とも香ばしい干し草のような匂い。汗をかく場所なので、ちょっと熟成感あり。クセになります。

今まであまり嗅いだことのなかったおでこにも顔をくっつけてクンクン。

かなり迷惑そうでしたが、ここもいい匂い!軽く焼いたトーストに微かに甘い香りが加わって、新しい発見でした。

【 王道のお腹

最後に、お腹の匂いをす~、はぁ~

うーん、やっぱり大好き!

バター風味のポップコーンのようです。

私たちを癒し、幸せな気持ちにしてくれる猫たちの匂い。

まだ嗅いだことの無い方は、ぜひ信頼関係を築いたうえでトライしてみてください。

ご覧いただき、ありがとうございました。



 

> >

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer